こざわ犬猫病院

犬の熱中症

犬の熱中症 について

犬の熱中症 は死亡率(50%以上)の高い病気です、直ぐに治療が必要です。高体温は体温が 39.4°C を超える状態で、 41 °C を超えると、熱中症と診断されます。
(車内の放置や、室内での発症が多いと思われがちですが実は過度な運動が最も危険なリスクで、原因の74.2%を占め、若い雄犬が最も危険です)
当院(救急)でも熱中症の来院は犬とお出かけした、日曜日の夜間が最も多いです。
体の一部だけを氷等で過度に冷却すると、血管が収縮して循環不全を起こしますので止めてください、全身を冷却してください。
世界中で猛暑は、頻度と深刻度の両方で増加すると予測されており、人間の 熱中症 による死亡は 2050 年までに 3 倍になると予測されています。犬の熱中症も同じ状況です。
私たち獣医師にはエビデンスに基づいた、予防管理を啓蒙していく義務があります。

目次r

犬が熱中症 になる状況
予防に何をすべきか
犬の熱中症 の症状
犬が熱中症になった時
してはいけないこと

犬が熱中症になる状況

①運動性
高温多湿の天候で運動した場合が最も危険

②非運動性
十分な日陰のない高温多湿な環境で屋外に放置した場合。
締め切った部屋の中に 放置した場合。

英国で犬の熱中症 1,259 例を調査研究では、
1過度の運動が最も一般的な誘因 (74.2%)
(過度な運動が最も危険なリスクです)
2次いで環境 (12.9%)、
3車内での閉じ込め (5.2%)

犬の熱中症
短時間でも犬を車の中に放置しないでください 短頭種(ペキニーズ、パグ、ラサ・アプソ、ボストン・テリアなど)は、致死的な体温上昇を引き起こす場合があります。

犬の熱中症 犬種別リスク

犬の熱中症 犬種別リスク 多変量回帰分析によってオッズが上昇した犬種を示します
犬の熱中症 犬種別リスク

犬の熱中症 季節リスク

英国 犬の熱中症 月別頭数
英国 犬の熱中症の月別頭数

車内放置リスク

車内放置が危険です 「スタンフォード大学医療センターの最近の研究では、外気温に関係なく、 車内の温度は 1 時間以内に平均40 度に上昇する可能性があることが判明しました」 短時間でも犬を車の中に放置しないでください 短頭種(ペキニーズ、パグ、ラサ・アプソ、ボストン・テリアなど)は、致死的な体温上昇を引き起こす場合があります。
エビデンス👉👉熱中症と短頭種の犬 – リスクは増加しますか?

犬の熱中症のリスク
肥満は犬の熱中症リスクです

肥満によるリスク

905,543頭の犬を対象とした英国の研究では、平均と比較して体重が重いことが最も大きな危険因子であることがわかりました。

若く、運動性の高い犬のリスク

108 頭の犬を対象としたある研究では、雄、色の濃い被毛 早く走る犬は熱中症のリスクが高いことが示されました。
英国の研究では、若い雄犬が最も危険高い集団ですが、老犬や呼吸器疾患のある犬が熱中症の可能性が高い集団であることが判明しました 犬の熱中症は繰り返し発症しますので、一度なったことのある犬は十分予防してください。
 

犬の熱中症リスク ①若く②運動性高く③毛が深い
犬の熱中症リスク ①若く②運動性高く③毛が深い

犬の熱中症 の症状

最初、苦しんでいるように見え、過剰にあえぎ、落ち着きがなくなります。
高体温が進行すると、鼻や口から大量の唾液を垂らすことがあります。
足元がふらつき。酸素不足が原因で、歯ぐき の色が青や紫、真っ赤に変色することがあります。

予防に何をすべきか

被毛の厚い犬は、被毛が断熱材になるので、夏はサマーカットにしてあげてください。
急に暑くなる、春は特に危険です。
日陰と水に常にアクセスできるようにしてください
暑い日や湿気の多い日、気温が急激に上昇したときには、激しい運動を避けてください。
熱中症の履歴がある犬には、激しい運動をさせないでください。
健康的な体重を維持(太らせないように)をこころがけてください。

犬の熱中症 ①肥満②車内放置③短鼻
犬の熱中症危険因子 ①肥満②車内放置③短鼻

犬が熱中症になった時

熱中症になったら
日陰の涼しい環境に移動し、扇風機を当てます。
可能であれば、直腸温を測定してください
室温の水で濡らし。濡れた領域に扇風機を向けると、蒸発冷却が促進されます。
毛深い犬にも効果的で、安全な冷却法です。
すぐに動物病院に搬送してください。

してはいけないこと

体の一部(抹消の血管)だけを氷で過度に冷却するとその部位の血管が収縮し、さらに全身の血管が収縮して循環不全をおこし、全身の冷却を阻害してしまいますのでやめて下さい。氷は人間は気持ちよく感じますが、犬は不快に感じます。
犬を冷やしすぎないでください。 体温が 39.4°C になった時点で冷やすのをやめてください。
口に水を無理に押し込もうとしないでください。ただし、新鮮な冷たい水を飲めるようにしておいてください。
車内のエアコンを最低温度、最強にして、できるだけ早く動物病院へ連れて行ってください。

動物病院夜間救急診療

犬猫に与えてはいけない食品

タマネギ中毒

 

名古屋夜間救急動物病院 こざわ犬猫病院☛アクセス

 

 

TOP