こざわ犬猫病院

犬と猫の心不全   

犬と猫の心不全    について

うっ血性心不全は、重度の心臓病による体液貯留の臨床症候群です。
高齢の小型犬の弁膜疾患、 猫の心筋症等によって、液体が体の特定の部分に溜まります。

• 心臓の左側が病気になっている場合 (僧帽弁疾患、拡張型心筋症、肥大型心筋症、先天性心疾患)、
液体は主に肺または胸膜腔 (肺の周りの胸腔) 内に溜まります。
• 心臓の右側が病気である場合、体液は主に腹部または胸膜腔内に溜まります。

なぜ発生するのですか?

心臓の病気の側に流れ込む静脈と毛細血管の圧力が、静脈と毛細血管から液体が漏れるまで増加するために発生します。
心臓の左側に流れる毛細血管と静脈は肺から出ているため、液体が肺に漏れます。
心臓の右側に流れる毛細血管と静脈は体から出ているため、液体が腹に漏れたり(腹水)、足やお腹の下の皮膚などに腫れが生じます。

原因は何ですか?

安静時の(拡張期)心圧を上昇させる重度の心疾患、 (僧帽弁または三尖弁疾患) は、漏れが大きい場合、起こす可能性があります。
心筋症は、安静時の心圧を上昇させ、CHFを引き起こす可能性があります。
心膜疾患は、心臓が適切に弛緩および伸張するのを妨げる可能性があり、その結果、右側の CHF が発生する可能性があります。

フィラリア症は、右側の CHF を引き起こす可能性があります。血液をシャントする多くの先天性欠損症は、CHFを引き起こす可能性があります。
(例:動脈管開存症、心室または心房中隔欠損症)

肺動脈狭窄症や大動脈狭窄症など、心臓からの流出を妨げる先天性疾患は、通常 CHF を引き起こしません。

臨床徴候は何ですか?

病気になっている心臓の側面によって異なります。
肺水腫と胸水を引き起こす左側のCHFは、肺に体液を蓄積し始めると、肺から吸収できなくなるため、血液中の酸素の量が減少します。
人間の場合これを息切れと表現し、最初は階段を上るなどの運動中に、最終的には静止しているときでさえ.息切れします。

動物は息が切れているかどうかを私たちに伝えることはできません。飼い主さんは運動能力の低下に気付くことがあります。
散歩で遠くまで行かなくなったり、すぐに疲れてしまうなどです。睡眠中は、呼吸数の増加が認められます。

咳は犬のCHFの特徴ですが、多くの犬や猫は心臓病以外の理由でも咳をします。
体液が蓄積し続けると、犬や猫も呼吸困難や呼吸数が増加します。特に猫に特徴的な症状です。

右側の CHF では、最も一般的な症状は腹部の腫れ (腹水) であり、犬が妊娠しているように見えます。
体液で満たされた腹部からの不快感により、横になっているときでさえ快適に過ごせなかったり、呼吸が困難になります。
これらの犬は、時には座った姿勢で寝ることがあります。腹圧のために、食欲が低下することがあります。

どのように診断しますか?

CHF の診断は、呼吸数の増加と呼吸困難の臨床徴候、ペットの心拍数が上昇し、呼吸数が上昇します。
一部の猫は、酸素不足でショックを受けているため、低体温になります。

CHFを疑う場合、胸部X線検査 超音波検査を実施し、
(A) 重度の心臓病の証拠があるかどうかを確認します。
(B) 肺の混濁 (光が通過しない領域)、または胸水と一致する胸腔内の液体を確認し、さら心臓超音波検査を実施します。

CHFをどのように治療しますか?

心臓病と体液の蓄積の両方を改善します。
CHF の治療の主力は、利尿薬の使用です。
利尿薬は血液量を減らし、静脈内の圧力を低下させ、液体を肺または腹部から押し出します。
他の薬剤には、アンギオテンシン変換酵素阻害薬、ピモベンダン、サイアザイド系利尿薬、スピロノラクトンなどがあります。

CHF をどのように監視しますか?

左側 CHF で監視する最も重要なことは、呼吸数です。睡眠時 安静時 の呼吸数が正常範囲内 30回(1分間)にあれば、CHF は適切に制御されています。
睡眠中の呼吸数 30回(1分間)以上ですと、治療の調整が必要になります。
投与されている薬が腎臓や他の場所に問題を引き起こしていないことを確認するために定期的に血液検査をおこないます。

予後は?

基礎疾患によって多少異なります。
犬の僧帽弁疾患や猫の肥大型心筋症は、CHFが診断され治療が開始されると、生存期間は通常2年未満です。
僧帽弁疾患では、犬の約 50% が 8 ~ 10 か月以内に死亡し、18 ~ 24 か月生きられる犬はわずか 20% です。
猫肥大型心筋症の生存データはあまり明確ではありませんが、いくつかの古い研究では、猫の 50% が 7 ~ 10 か月以内に死亡しています。

TOP