こざわ犬猫病院

胃捻転

胃捻転 について

胃捻転、胃拡張症候群は緊急を要する病気です。胃のガスが胃を何倍にも拡張し、胃が回転し胃捻転をおこすと胃ガスの出口もねじれ塞がり、さらに胃が拡張し胃自体の血液供給だけでなく、全身循環を遮断しショックを引き起こし急速に死にいたります。

大型犬の飼い主様は胃捻転、胃拡張症候群に備えることが重要です。夜間または日曜祝日の緊急治療のためにどこの動物病院に連れて行けばよいか調べておいてください。食事の後は犬の運動を避けてください。

胃捻転、胃拡張症候群は緊急を要する病気です。今直ぐに病院に連れて行ってください。

ガスで拡張した胃のレントゲン
ガスで拡張した胃胃捻転のレントゲン

膨満した胃では、ガスや食べ物が胃を通常の何倍にも広げ、激しい腹痛を引き起こします。膨張した胃は回転し胃捻転をおこすます、胃自体の血液供給だけでなく、内部のガスの出口経路もねじれます。

胃の大弯に沿っている脾臓も同様にねじれ、循環を遮断します。膨張した胃は背中に沿って走る太い静脈を圧迫して循環ショックを引き起こし死にいたります。

目次

  • 胃捻転 胃拡張症候群の危険因子
  • 子犬が沢山食べて胃捻転胃拡張症候群になりますか
  • 胃捻転 胃拡張症候群のリスクを高める要因
  • 胃捻転 胃拡張症候群のリスクを低下させる要因
  • 胃捻転 胃拡張症候群の治療
  • 胃捻転 術後再発率

 

胃捻転 胃拡張症候群の危険因子は?

大型犬は、約 20% の確率で胃捻転、胃拡張症候群のリスクがあります。リスクは年齢とともに増加します。
胸が深いと言われている犬種は特に胃捻転のリスクが高いです。

胸が深いとは

背骨から胸骨までの胸の長さが長く、胸の右から左への幅が狭い犬。品種の例は、グレートデーン、グレイハウンド、セッターです.

ダックスフンドやチワワであっても、どの犬種でも胃拡張から胃捻転をおこすことはあります。大量の食事を食べ、その後すぐに激しい運動をすると胃捻転を起こしやすくなります。

犬の胃捻転図
犬の胃捻転

子犬が沢山食べて胃捻転胃拡張症候群になりますか

単純な胃拡張は、子犬の過食によってよく起こりますが、特別な治療が必要になることはほとんどありません。餌によって大きく肥大しますが、位置の異常はおこりません。

胃捻転 胃拡張症候群のリスクを高める要因

加齢・早食い・脂肪または油を乾燥食品(ドライフード)・肥満(45K以上は発症率が20%増加します)・高い位置の食器・食事後の運動

犬の胃捻転 胃拡張症候群 既往歴のある一親等親戚がいる

胃捻転 胃拡張症候群のリスクを低下させる要因

缶詰食品・1日2食以上

胃捻転 胃拡張症候群の治療

胃のねじれを解き胃を正常な位置に戻し、胃のガスが放出されるまで、犬は回復しません。胃捻転を起こしている場合は胃を完全に減圧するために手術が必要になります

ショックに対して

胃捻転胃拡張症候群の犬はショック状態になっていますので、迅速な静脈内輸液を投与する必要があります。激しい痛みにより、心拍数が非常に速くなり、心不全が発生します。ショック、抗生物質、電解質の投薬が不可欠です。

胃捻転の手術

胃捻転のすべての犬は手術を受ける必要があります。手術をしないと、内部の損傷を評価したり修復したりすることはできません。

胃に隣接して位置する脾臓は、胃とともにねじれ、脾臓または脾臓の一部の除去を必要とする場合があります。

生存不能な組織が除去された後、将来のねじれを防ぐために胃を正常な位置に固定するために、胃固定術を行います。

胃捻転 胃固定手術
胃拡張 胃捻転 胃固定手術

術後再発率

固定手術をすると胃は膨満してガスで膨らむことがありますが、ねじれて胃捻転をおこすことができないため、それ以上に深刻な状態にはなりません。 胃固定術はねじれに対する絶対的な保証ではありませんが、胃固定術なしでは胃捻転は76%の再発し、胃固定術を行っても胃捻転は6%再発します。

統計調査

2006 年 12 月に発表された研究で、胃拡張と胃捻転の手術を受けた 166 頭の犬を調査しました

参照論文リンク:犬の胃捻転 胃拡張症候群の統計調査

死亡率16.2%、 10歳以上の死亡率は21%、手術を受けた166頭のうち、4.8%は手術中に安楽死、残りの11.4%は入院中に死亡した(2頭の犬は手術中に死亡)。166 頭の犬のうち 34 頭が胃壊死(切除しなければならなかった壊死した胃組織)を患っていました。これらの犬のうち、26% が死亡または安楽死させられました。術後合併症が患者の 75.9% で発生しました。

死亡の危険因子として、病院に連れていくまでに6時間以上経過していた。胃の部分切除と脾臓の切除、低血圧、敗血症、血液感染症、腹膜炎(腹膜の感染症)

名古屋夜間救急動物病院 こざわ犬猫病院☛アクセス

動物病院夜間救急診療

犬にパン生地を食べさないで

TOP