こざわ犬猫病院

猫の大動脈血栓塞栓症

猫の大動脈血栓塞栓症 について

猫肥大型心筋症の猫の約 12% が、診断から 10 年以内に猫の大動脈血栓塞栓症を発症します。猫が肥大型心筋症と診断を受けたら抗血小板薬プロピログレル+リバーロキサバンを投与して大動脈血栓塞栓症を予防してください。血栓塞栓症の猫におけるクロピドグレルとリバーロキサバンの併用療法が最も安全で効果的な予防法です

参考文献 👉血栓塞栓症の猫におけるクロピドグレルとリバーロキサバンの併用療法

参考文献 👉3 つの視点から見た血栓: 評論家、心臓専門医、放射線科医 国際獣医救急・救命救急シンポジウム2020

参考文献 👉猫の血小板機能と凝固パラメーターに対するリバーロキサバンとクロピドログレルを使用した二重抗血栓療法の効果

猫の大動脈血栓症
猫の大動脈血栓症で後ろ足が動かなくなった

症状

猫の大動脈血栓塞栓症の症状は両後ろ足機能の急性喪失です。片側の後肢(左より右)発生することもありますが、両側が一般的です研究では片側の関与が20.8%であるのに対し、両側の関与は77.6%)まれに前肢におこることもあります。

手足が冷たくなり、青白くなります。爪が切れても出血しなくなり、手足の筋肉は硬く、痛みを伴います。猫によっては大声を出したり、よだれを垂らしたりすることもあります。直腸低体温症も見られ、予後は非常にわるく生存率は低く再発率も高いです(研究では再発率約50%)。猫の大動脈血栓塞栓症250 匹を対象とした研究では、最初の来院時に 153 匹(61.2%)が安楽死させられ、24 時間以上生存したのはわずか 27.2% でした。この研究で 24 時間生存し、病院で治療を受けた猫のうち、7 日間生存したのそのなかの わずか50% でした。

猫の大動脈血栓症予防

抗血小板療法: 血小板の活性と凝集を抑制し血栓の形成を防ぎます。プロピログレルを1頭あたり18.75mg24時間おきに飲ませますが、新しい薬のリバーロキサバンと2剤で治療を受けた 猫の大動脈血栓塞栓症 再発率が最も低く、副作用の発生率が低く。生存期間も長くなります2剤投与が有効です。当院では心筋症の猫ちゃんには プロピログレル+リバーロキサバンを1日1回投与して頂いております。

死亡率高くも予後も悪い病気ですので、予防が大事です。猫の肥大型心筋症の約 12% が、診断から 10 年以内に猫の大動脈血栓塞栓症を発症することが判ってます、毎日の内服薬で予防しましょう。プロピログレルは苦くて猫に飲ませるのが大変ですが、リバーロキサバン(凝固第 X 因子およびプロトロンビナーゼ活性を直接阻害することによって作用する新しい抗凝固薬)は苦くないのでリバーロキサバンだけでも飲ませましょう。

猫の肥大型心筋症

動物病院夜間救急診療

名古屋夜間救急動物病院 こざわ犬猫病院☛アクセス

TOP