こざわ犬猫病院

猫の乳腺腫瘍

猫の乳腺腫瘍 について

猫の乳腺腫瘍は、90% が悪性で、肺転移の生存期間中央値はわずか 1 か月です。早期に発見して全ての乳房を除術してください。 1歳未満に避妊手術を行うと、リスクが86%減少します。

猫の乳腺腫瘍 早期発見

女性の乳がんについては誰もが聞いたことがあります。8 ~ 9 人に 1 人の女性がこのがんの犠牲になっており、多くの医療機関が啓発キャンペーンを行っており、女性は定期的に乳房のしこりをチェックすることをお勧めてます。

私たちの毛皮で覆われた友人も、この癌のリスクにさらされています。乳がんは、猫と犬では少し異なります。猫の乳腺腫瘍は3番目に多いがんであり、最も一般的な被害者は10~12歳前後の高齢の雌猫です。犬にとって幸運なのは、乳腫瘍の約50%は良性です。ところが猫の乳腺腫瘍は、約 90% が悪性で、隣接する最も近いリンパ節に急速に広がります。猫には通常 4 対の乳腺があります 。最も一般的に影響を受ける乳腺は胸と鼠径(後ろ足の付け根)です。飼い主様は、これらの領域に小さしこりがないか頻繁に触ってみてあげてください。

猫の乳腺腫瘍 啓発活動
猫の乳腺腫瘍は1歳未満の避妊で予防できます

猫の乳腺腫瘍は猫の腫瘍の中で 3 番目に多いです。 乳腺腫瘍はメス猫に発生しますが、1 ~ 5% はオス猫にも発生します。発生率は 6 歳以降に増加し、診断時の平均年齢は 10 ~ 12 歳ですが生後 9 か月の猫でも報告されており、シャム猫、ペルシャ猫での発生率の増加が報告されています。シャム猫の発症年齢は他の猫種より若いです。(シャムでは平均9歳)乳腺腫瘍は最初は小さく、小石や乾燥したエンドウ豆のように感じられます。乳腺腫瘍は放置しておくと大きく硬くなり、最終的には皮膚が破れて悪臭を放つ感染性潰瘍になります。

猫の乳腺腫瘍の診断

細胞診

細胞診検査 腫瘍に細い針を刺して検査します、猫に対するストレスは殆どありませんが、良性腫瘍と悪性腫瘍が正確に判断出来ないこともあります、他の種類の腫瘍(脂肪腫、肥満細胞腫瘍、基底細胞腫瘍など)を除外するのに役立ちます。

組織病理学検査

組織病理学検査は、乳腺腫瘍の診断、分類、および等級付けのゴールドスタンダードですが、麻酔をかけて腫瘍の一部を切除する必要があります。腫瘍は、腺分化、核の多形性、有糸分裂指数などの特徴に基づいて、高分化型(グレード I)、中分化型(グレード II)、または低分化型(グレード III)にグレード分けされます。

X線撮影

肺転移、胸腔内リンパ節腫脹を確認します、転移性ネコ乳癌はX線写真では不明瞭な結節として現れます。

猫の乳腺腫瘍 肺転移 レントゲン
猫の乳腺腫瘍 肺転移
猫の乳腺腫瘍 胸水
猫の乳腺腫瘍 胸水

猫の乳腺腫瘍の治療

外科的治療

遠隔転移がない場合、猫の乳腺腫瘍の主な治療法は外科的治療です。 猫の乳腺腫瘤は広範囲切除が推奨されています。静脈は左右の乳腺につながっているため、腫瘍細胞は一方の側からもう一方の側に容易に通過し左右の乳腺間に転移が発生します。根治的両側全乳房切除術が推奨されます。 潜在的な転移部位の除去に加えて、両側全乳房切除術は局所再発のリスクを大幅に軽減します。 以前は片側性疾患の治療のために片側乳房切除術が頻繁に行われていましたが、最近の研究では両側乳房切除術による転帰の改善が実証されています。 鼠径リンパ節は、第 4 腺の切除により除去されます。 腋窩リンパ節は通常、腫れて、細胞診で転移が明らかになった場合にのみ切除します。

片側のみに腫瘍があり、初期の状態にあると判断される場合でも、反対側の乳腺の予防的除去を検討してください。生存期間中央値は、片側乳房切除術を受けた猫の場合は473日。両側乳房切除術を受けた猫の場合は1,140日です。

両側連鎖乳房切除術は、皮膚を確実に伸ばすために、2か月程度の間隔をあけて 2 回の片側乳房切除術を段階的に行います。最初の手術時に腫瘍が進行した状態にあり、手術による寿命の延長が望めない場合、緩和的に腫瘍を切除することもありますが、手術のリスクが高い場合は、感染をコントロールし、痛みを和らげる治療を選択してください。

引用論文👉連鎖乳房切除術で治療された乳癌の猫の生存期間と無病期間

引用論文👉乳腺癌の猫における外科的アプローチと合併症率、無増悪生存期間、および疾患特異的生存期間との関連: 107 例 (1991-2014)。

薬物療法

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAID) には抗腫瘍作用があり、ネコ乳癌はシクロオキシゲナーゼ-2 (COX-2) を発現するため、ネコにも有用ですが、臨床的な効果は未だ証明されておりません。

引用論文👉ネコ COX-2 の分子特性とネコ乳癌における発現

猫の乳腺腫瘍は予防できますか?

早期の避妊手術が最も重要なになります。 1歳未満で避妊手術を行うと、リスクが86%減少し、 2歳未満で避妊すると、リスクが11%減少します。子猫を出産しても乳がんのリスクには影響しません。 2歳以降に避妊しても、乳がん発生のリスクは減少しません

猫の避妊手術

猫の乳腺腫瘍の生存期間

悪性の猫の乳腺腫瘍は急速に増殖し、猫の 50 ~ 90% で転移が報告されています。 積極的に乳房切除術(化学療法の有無にかかわらず)で治療された105匹の猫を対象とした研究では、47%でリンパ節または遠隔転移が発生し、そのうち55%が片側乳房切除術を受け、36%が両側乳房切除術を受けました。 転移が最も頻繁に起こる部位には、所属リンパ節や肺です。肝転移や胸膜転移もよく見られます 副腎、横隔膜、腹膜腔、腎臓、脾臓、脳、筋肉、骨への転移が報告されています。

猫乳腺腫瘍、グレード別生存曲線
猫乳腺腫瘍、グレード別生存曲線

大きさが予後に影響します。

肺に進行性病変があった猫の生存期間中央値はわずか 1 か月です。体積が8cm 3以下の乳腫瘍の手術を受けた猫の生存期間中央値は4.5年でしたが、腫瘍体積が9~27cm 3 の猫では2年、腫瘍が28cm 3を超える場合は6か月でした。

猫の乳腺腫瘍により詳しいWEB

アメリカ獣医師会外科腫瘍学の Web サイトでより詳しく予後が判りますので、是非ご覧ください

アメリカ獣医師会外科腫瘍学の Web サイト

当院は年中無休で診察しております。クリック➡アクセス

動物病院夜間救急診療

猫ワクチン

 

 

当院は年中無休で診察しております☛アクセス

 

 

TOP