こざわ犬猫病院

犬と猫のニコチン中毒

犬と猫のニコチン中毒 について

犬と猫のニコチン中毒;たばこ、たばこの吸殻、ニコチンガム、パッチ、電子タバコには 二コチンが豊富に含まれており、小さな吸い殻でも深刻な病気や小さなペットの死につながる可能性があります。たばこの吸い殻には、元のたばこに含まれるニコチンの 25% が残っています。

犬と猫のニコチン中毒を起こすニコチンの量

ニコチンの毒性量は、体重 1 ポンド(454g)あたり 0.5 ~ 1 mg ですが、致死量はペットの体重 1 ポンドあたり 4 mg です。たばこの種類にもよりますが、1 本には 9 ~ 30 mg のニコチンが含まれています。たばこを吸うと、ニコチンが口の端に集中します。つまり、たばこの吸い殻には、元のたばこに含まれるニコチンの 25% が残っています。

・葉巻: 最大 40 mg のニコチン
・噛みタバコ: 1 グラムあたり 6 ~ 8 mg のニコチン
・ニコチンガム:1個あたり2~4mgのニコチン
・ニコチンパッチ:ニコチン8.3~114mg
・電子タバコのカートリッジ: ニコチン 6~36 mg

電子たばこ

国産の電子タバコにはニコチンが含まれていないはずですが、輸入電子タバコにはニコチンが含まれている可能性がありあます。小型犬は20㎎で致死的になる可能性がります。ニコチンが含まれていても内容物が放出されるまで時間がかかることあり、症状が出るまでに数時間かかることもあります。

犬猫には電子タバコも危険です
犬猫には電子タバコも危険です

ニコチン中毒症状はよだれ、下痢、嘔吐、落ち着きがなくなる、呼吸増加です
重症では意識障害、けいれん 震え、高血圧 痙攣です
さらに重症になると 不整脈から心停止します。

犬と猫のニコチン中毒の症状

摂取後 1 時間ほどで始まります
・振戦 ふるえ
・よだれ
・興奮
・嘔吐と下痢
・けいれん、発作
・心拍数が遅くなる
・循環虚脱

犬と猫のニコチン中毒治療

ニコチン製品を摂取してから時間が経っていない場合 (1 時間程度)は、嘔吐させます。活性炭を投与して毒素を吸着させます。その後の治療は基本的に対症療法になります。体がニコチンを取り除く間、静脈内輸液をおこないます。発作や振戦が発生している場合は、それらを抑えるために薬が必要になります。
厚生労働省の注意喚起はこちら→厚生労働省

名古屋夜間救急動物病院 こざわ犬猫病院☛アクセス

クリック⇒当院は夜間も年中無休で緊急対応しております

TOP