診療案内 診療時間・アクセス 夜間緊急診療 去勢・避妊のご案内 病気について 予防について
病院概要 医院紹介 当院のコンセプト スタッフ紹介 メディア掲載情報 サイトMAP お問い合わせ
メディア掲載情報
獣医師・看護師募集しています。
線 アクセス抜群 画像 0120-733-565 東山線から徒歩3分 線
院長ブログ
看護師ブログ
各種リンク紹介
猫の病院バステト
カッサフォルテ犬猫病院
動物病院.jp
アニコム対応
アイペットペット保険対応動物病院
各種クレジットカードをご利用いただけます。
フェイスブック
看護師ブログ

第25回「肛門腺の管理」

2007/09/03


7月に入り暑い日が続くのかな… と思っていましたが、梅雨で雨が降り続きじめじめした日が続いています。台風も近づいていますね。
雨が降ると散歩を嫌がるワンちゃんもいることでしょう。また雷や台風などは、ワンちゃんネコちゃんが、怖がったりすることもありますので注意してくださいね。
さて今回のテーマは、「肛門腺の管理」です。まず初めに肛門腺の場所をお話します。肛門腺は肛門の斜め下(時計でいうとだいたい4時と8時方向)に在り、 ワンちゃんネコちゃんにとって自分の匂いを出す液体を合成する器官です。その液体は肛門嚢に蓄えられます。よくおしりの匂いを嗅いで挨拶しているのも、実 は肛門腺の匂いを嗅いでいるのです。排便やびっくりした時など、おしりに圧力がかかり、液体が排泄される仕組みになっています。
ワンちゃんがおしりを異常に気にしていたり、床にこすりつけていたりする場合や、おしりを気にしていなくてもたくさん溜まりやすい傾向がある子は、定期的に絞って排泄させる必要があります。
また肛門腺分泌物が泥状の場合だと、生理的な排泄が難しくなります。また、太り気味の子も注意が必要です。このような子をそのまま放置してしまうと、肛門 腺が破裂してしまうこともあります。病院にも、「おしりから出血した」と来院されて、肛門嚢破裂の診断を受ける子もいます。
最後に… このような子の一番の予防方法は、飼い主さんが、ワンちゃんネコちゃんのことをよく知ること、つまり、肛門腺の場所、それがどのくらいの周期でたまるのかを知っておくことです。自分の子を知る、それが大切なのです。
by。 ZEPP

枠下

トップ医院紹介当院のコンセプト診療時間・アクセス夜間救急診療去勢・避妊のご案内病気について予防についてスタッフ紹介症例紹介お問い合せ

ロゴ

〒464-0075
名古屋市千種区内山2丁目14-14

※地下鉄東山線 今池駅から徒歩3分
※駐車場有り(手前4台, 前5台 奥4台)

アニコム対応 各種クレジットカードをご利用いただけます。

Copyright © 2013 by kozawainunekobyoin. All rights reserved.