診療案内 診療時間・アクセス 夜間緊急診療 去勢・避妊のご案内 病気について 予防について
病院概要 医院紹介 当院のコンセプト スタッフ紹介 メディア掲載情報 サイトMAP お問い合わせ
メディア掲載情報
獣医師・看護師募集しています。
線 アクセス抜群 画像 0120-733-565 東山線から徒歩3分 線
院長ブログ
看護師ブログ
各種リンク紹介
猫の病院バステト
カッサフォルテ犬猫病院
動物病院.jp
アニコム対応
アイペットペット保険対応動物病院
各種クレジットカードをご利用いただけます。
フェイスブック
看護師ブログ

第20回「雌猫の発情(さかり)」

2007/09/03


2月ですね。今年の冬は、エルニーニョ現象ということで、暖冬のようです。雪が降らないのでウインタースポーツに行かれる方は、さぞ残念な年なのではと思います。
でもそのかわり、ワンちゃんネコちゃんにとっては、比較的過ごしやすいのではと思っております。個人的には名古屋の冬は今年も寒いですけどね・・。

さて今回のテーマは「雌猫の発情(さかり)」です。雌猫を飼われている方でよく「ニャアニャア」鳴くとか、仰向けに転がったり、いつもより愛撫をせがんだりするなどと御相談があります。このような徴候が現れているのは発情している場合が多いです。
雌 猫にとって発情はストレスを受けやすく、活動レベルは高くなるので食べる量も睡眠時間も少なくなるようです。発情中の体重減少は決して珍しいことではあり ません。雌猫は短い性周期を頻繁に繰り返すため、次の性周期が始まるまでに落ちた体重を取り戻すことが困難なこともあります。発情周期にあるネコちゃんは 無気力から短期までさまざまな気性の変化が観察されることがあります。
発情の徴候の中でも、飼い主さんは「夜泣きがひどい」と相談されることが多いです。
発情中の行動は、繁殖の予定がないという子でしたら、ネコちゃん自身にとっても飼い主さんにとってもメリットはないと思いますので、避妊手術を考えてみてもいいと思います。病院でも避妊手術の相談を受け付けております。
by。  ZEPP

枠下

トップ医院紹介当院のコンセプト診療時間・アクセス夜間救急診療去勢・避妊のご案内病気について予防についてスタッフ紹介症例紹介お問い合せ

ロゴ

〒464-0075
名古屋市千種区内山2丁目14-14

※地下鉄東山線 今池駅から徒歩3分
※駐車場有り(手前4台, 前5台 奥4台)

アニコム対応 各種クレジットカードをご利用いただけます。

Copyright © 2013 by kozawainunekobyoin. All rights reserved.